プログラミング

エンジニア転職1ヶ月目まとめ

更新日:

11月1日でエンジニアとして働き始めてちょうど1ヶ月になりました。
前半は研修が中心でしたが、後半から少しずつ業務(社内ツールの開発)がスタートしています。この1ヶ月でやったこと、思ったことをまとめてみました。

1ヶ月でやったこと

研修

・Ruby on Railsチュートリアル2周
・情報処理関連の授業(MVCとは?データベースとは?)
・swift入門(アプリエンジニアとCTOによるswift講座1h×2)

業務

・社内ツール開発
先輩エンジニアと一緒にユーザー(社内のCS担当者)へのヒアリング、要件定義、ワイヤーフレーム作成。

社内のイベント

・歓迎会
・社内総会
・1on1(CTOとの1対1面談。月1回)

1日の主なスケジュール

10:00 出勤
10:30 朝の会(今日のイベントと個人のタスク確認)
10:30-12:00 もくもく
12:00-13:00 お昼ご飯
13:00-17:00 もくもく
17:00-19:00 開発チームでの会議や情報処理に関する授業はここに入ることが多い
19:00 終業

思ったこと

研修・業務について

ポジティブ

・困ったときに質問しやすい環境
質問しても快く答えてもらえるし、エラーが出た時に何人もエンジニアが集まって「俺が一番早くエラー解決する!」と言いながらコードを見てもらえたのは嬉しかったです。質問に対する心理的ハードルが低いのは新人には非常にありがたいです。

・今後の研修内容や業務内容をあらかじめ教えてもらえる
研修を始める時点でチュートリアルを1ヶ月で2周すること、その後は社内ツールの開発に入ることは教えてられていました。そのため自分でチュートリアルを進める計画が立てられましたし、業務に早く入りたい!という気持ちがよい研修のモチベーションになりました。

・情報処理に関する授業(?)をしてもらえた
コードを書く練習は独学でしてきましたが情報処理に関する知識はほぼ0からのスタートです。CTOが重要な事項をピックアップしてミニ授業をしてくれたのは「何からやったらよいか分からない」状態の私には助かりました。今はそれに加えて、業務中に出てきた用語を自宅で調べるたり会社から借りた本を読むことで勉強しています。ここからは業務に入るので必要なことをその時に必死に勉強することになりそうです。

ネガティブ(困ったこと)

・研修がかなりギリギリだった
これは私の理解度とスピードの問題ですが…。他の研修や業務も少しやりつつ1ヶ月でチュートリアル2周は結構ハード。土日もときどき家でチュートリアルを進める必要がありました。もちろんこれは会社から言われたことではなく、私が当初の目標通りにチュートリアルを終わらせたい・早く業務に入りたいという気持ちから上司に許可を貰ってやったことですが、今後も全く同じ研修スケジュールを組んだら他の人も同様に休日にチュートリアルを進めないと終わらないかもしれません。

社内の雰囲気について

ポジティブ

・人間関係はかなり良い
30人に満たない会社なので部署を超えてコミュニケーションがされています。年代も20(大多数)〜40代でばらつきはありますが良い雰囲気。女性エンジニアは私一人と聞いて少し不安でしたが、デザイナー(ここには女性もいる)を含んだ開発チームで動くことが多く年齢性別関係なく仲良くしています。会社の人と休日に遊ぶのもこの会社に入ってからが初めてです。先日はデザイナーさんとスーパー銭湯行ってめちゃめちゃ楽しんできました〜!

・ポジションや年齢に関係なく意見が言える
前の会社が年功序列だったからというのもありますが、部署や年齢も関係なくかなり言いたいことを言いあっているなと驚きました。正直聞いててヒヤヒヤする時もあるくらいです。もちろんそれが出来るのは、言い方や言葉選びに気を遣ったり相手の話を落ち着いて聞くことができる人達だからであり、そこは良い点だと感じます。

・個人をしっかり見てもらえる
前職では上司との面談は半年に1回(しかもかなり形式的)だったので、私も上司もお互いにあまり興味を持てないまま2年以上働いて退職…という流れになってしまいました。今の職場は月1回面談があるのでコミュニケーション回数が多いだけでなく、面談の中で一緒に働くメンバーとして「個人」をかなり見てもらっていると感じます。例えば採用面接でも「仕事で自分にとってストレスになること」を聞かれたり、会議で「現在自分はどんな気持ちか?」を話す時間があり驚きました。

会社において個人の性格や感情にどこまで興味を持つか?は人によると思いますが、私は相手の性格や感情にも目を向けることで、上手にチームとして動いたりトラブルを防ぐことができると思います。一番忙しいCTOが時間をかけて個人と向き合っているからこそ私も開発メンバーにしっかり目を向けなければと思いますし、開発チームの雰囲気が他チームと比べて良いのはこの「お互いに目を向けよう」という考えが共有できているからだと感じました。

ネガティブ(困ったこと)

・ちょっとだけうるさい
前職がとても静かな環境だったので、そこと比較すると仕事中もかなり賑やか。仕事に関する会話は気になりませんが、業務と全く関係ない内容をずっと話している人もいるのでたまーーに気になります。

(特に男性の皆さん、下ネタはほどほどにしましょう笑)

・残業は基本的にある
私は研修中なので出来るだけ定時で帰るように言われてますが、他の開発メンバーは1〜2時間残業している人が多いです。定時が19時で通勤に1時間かかるので、1時間残業すると帰宅は21時とけっこう遅くなってしまいます。転職してから夕食の準備は夫にお願いしているので家事分担に問題はありませんが、これ以上遅くなると自分の体力が不安…。

その他

・10時出勤は最高!!!
電車通勤なので満員電車を避けられるのは最高です。毎日座れるわけではありませんが、電車内に人が少ないことで通勤のストレスは確実に減りました。

まとめ

ということで、主に業務と職場環境について感じたことをまとめてみました。一言で言えば「転職してよかったー!!」です。

ここから仕事がどんどん難しくなるので今後はどうなるか分かりませんが、早く一人前になってこのチームの一員として働けるようになりたいと日々感じます。また3ヶ月や1年くらいで似たような記事を書いてみようかな〜。

スポンサーリンク

-プログラミング

Copyright© 言葉の森をてくてくと  , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。